治療方法に適性がある

顔に触れる女性

原因によって治療が変わる

美容外科によって行われている小顔矯正の治療方法は大きく分けて3つです。まず、注射による治療です。注射にもボトックス注射とヒアルロン酸注射の2種類がありますが、ボトックス注射はエラを小さくする矯正、ヒアルロン酸注射はあごに投与することでフェイスラインをシャープにし、小顔に見せる効果があります。こちらはメスを入れる必要もなく出血もないため、ダウンタイムを少なく治療したい人に向いている治療です。次に、脂肪吸引です。頬に脂肪がついているタイプの人は、余分な脂肪を取り除きます。顔の形によっては吸引した脂肪を顔の他の部位へ注入することでバランスを整え、顔の印象を変えることもできる治療です。最後に、骨格を変える治療です。こちらは生まれつきの骨格が原因で顔が大きく見えている人が主に行なう治療です。外科的手術でメスも入るため、療養期間が必要となります。骨の形は外科手術以外に矯正するのは困難です。メスを入れるのに抵抗があるという人は、先述したヒアルロン酸注射などでフェイスラインのバランスを整え、小顔に見せる治療を行なうと良いでしょう。美容外科で小顔矯正の治療を始める際、まずは医師との慎重なカウンセリングから始まります。小顔矯正の治療方法は種類が多く、原因別で適する治療方法が異なります。例えば食いしばりなどの癖がありエラが張ってしまっている人にはボトックス注射、あごがなく丸顔の人はヒアルロン酸注射で輪郭を変えるだけで小顔効果があります。また、来院した本人の理想像も詳しく聞いておく必要があります。小顔になるといっても施術方法次第では顔の印象が大きく変わるため、その点の注意事項も説明しながらじっくり施術プランを立てていきます。顔の悩みの原因を特定し、施術プランも決定して来院した本人にも異論などがなければ、そのまま小顔矯正治療が始まります。手術など行わない治療方法であれば、当日のうちに帰宅が可能であることが多いです。効果を持続させたり、経過観察したりするために何度か通院するようすすめられるかもしれませんが、基本は本人に気になる点がなければ効果が続くまで通院の必要がない場合が多いです。

Copyright© 2018 小さな顔に矯正する【自分の希望に合った方法で小顔を目指す】 All Rights Reserved.