脂肪溶解注射で理想の顔へ

顔に触れる女性

顔の脂肪をしっかり減らす

顔面専用の注射薬が登場したことで、脂肪溶解注射による小顔矯正治療が話題を集めています。施術は注射だけですが、治療には高度な知識と技術が必要になるため、治療先の美容整形外科は、執刀医の実力を確認したうえで決めましょう。また、脂肪の面積や厚みなどは人によって異なるため、適切な位置に適切な量を注入しなければ希望通りの仕上がりになりません。注入量が少なければ小顔になりませんし、逆に多過ぎれば隣接部分の脂肪にも影響を与えてしまいます。なにより顔は限られた厚みの中で表皮や筋肉や脂肪がひしめいていますから、治療には解剖学的な専門知識も必要になるのです。医学的な知識に長け、施術経験を豊富に積んだ医師なら、皮膚をつまむことで、その感触から脂肪の厚みなども読み取れるとされています。ですので、注入すべき部分に必要量を注射してもらうためにも、確かな技術を持つ医師に治療してもらいましょう。そして、小顔矯正で脂肪溶解注射を受ける際は、顔面専用の注射薬を使うクリニックであることをキチンと確認してください。顔用の仕様溶解剤は、従来品に見られた術後の赤みや腫れが殆どなく、効果も早く現れるようになっています。脂肪溶解注射は1回の施術でも小顔矯正効果を得られますが、3回から4回ほど治療を行えば、着実に贅肉を減らしてくれるのでおすすめです。そこで、繰り返し治療を前提にするなら、複数回の施術がセットになったパックプランなどを選ぶと良いでしょう。全ての美容整形外科で用意している訳ではありませんが、提供しているクリニックなら、単体で受けるよりお得になります。中には10ccなど、脂肪溶解剤のまとめ買い方式を採用しているクリニックも見られるため、色々チェックしてみましょう。そのほか痛みが苦手なら、リラックス効果が高い笑気麻酔などを、オプションとして追加しておくのも得策です。そして、注射だけの簡単な小顔矯正治療だとはいえ、クリニック内でほかの利用客と顔を合わせたくない場合は、待合室が個室や半個室の美容整形外科を選ぶと安心です。一方、治療後は基礎代謝を高めれば小顔矯正効果が一層出やすいため、いつ頃から有酸素運動などを行って良いのか、予め医師に聞いておきましょう。

Copyright© 2018 小さな顔に矯正する【自分の希望に合った方法で小顔を目指す】 All Rights Reserved.